WindowsとLinuxとのOSについて

私は、システムエンジニアをやっています。
パソコンのオペレーションシステムについて書きます。
WindowsとLinuxとの大きな差は。有料か無料の差があります。
WindowsはOSだけでも、2万円くらいかかります。
後は、他のソフトも有料な物が多いです。
代表的なソフトはオフィスです。
このソフトは、パソコンを触る上で、必要なソフトになっています。
会社の中でも、いろいろなシステム会社で仕事をしましたが、オフィス
を使わない会社は1社もありませんでした。
これは、マイクロソフトが仕掛けた結果です。
オフィスに付属しているソフトはマイクロソフトが開発した物では
無く、買収などを繰り返し、マイクロソフトの物のしてきました。
ここで、マックは文化的に使用する物、Windowsは事務などに
使う物という様にマイクロソフトは先読みをし、仕掛けた結果です。
では、LinuxというOSは何かというと、ある大学生は作った物です。
制御系に使われているNUIXというOSをベースに作られました。
最近、流行っているのはUBUNTUというOSで、この開発者達は、
OSが無料であるべきという考え方をしています。
工業で制御に使用するOSでLinuxが使われいます。
Windowsはすぐにフリーズしてしまうので、24時間稼働な
システムには不向きです。
LinuxというOSはその点、安定していますし、GUIを
仕様しなければ、安定性が抜群です。
正直、Windowsで有料でやる処理は無料のLinuxですべて
再現できます。
これからのコンピュータの動きがすごく楽しみです。
実際、20年前に私からは今の、コンピュータ業界の成長は予測
出来ませんでした。
これからが、楽しみです。アコム 3万円

WindowsとLinuxとのOSについて