悪いことしたら差し止め、でも全ておんなじ個々だ。

今日に限った案件じゃないのかもしれないですけど。
役者がオタクに狙われる案件って、よく採集されますよね。
福山くんの家に、その家のエージェントが入り込んだ案件もそうですけど、
案外始終そのレポートばっかり報知してて楽しい?って場面、ありません?

無論、損傷をさせられたお客様がいる場合、先ずその犯人は捕まったのか、
死者の具合は大丈夫なのか、という点は心配ではあります。
でも、犯人像をそこまで掘り下げる価値ある?と時々ヒートアップぶりにあきれることがあります。

なんだか、役者の後発は不快信者くんという独りよがりと
クリーンな愛らしい死者役者、という図柄。それをそんなに強調しなくてもいいのに、と思うのです。

出来心じゃすまされないパターンかもしれませんし、絶対にやっちゃいけない案件だったりもしますが、
「それほど追い詰めないであげてよ、犯人も輩ですし」と結構可哀想に思うんです。

みんながみんな仲良くクリーンに生きられれば何の気掛かりも起きないんでしょうけど。
私の個人的な感想だ。お金借りる どこがいい

悪いことしたら差し止め、でも全ておんなじ個々だ。